ブログ

社長以上の社員はいない!

”社長以上の社員はいない!”

3月決算が終わり、パナソニックなど日本の大手家電メーカーは軒並み赤字決算を発表した。

またしてもトカゲの尻尾切りで災難を逃れるという卑劣な手法である。 親の脛をかじって、有名大学を出て、やっとの思いで一流企業にしがみついたのに、”リストラ”では浮かばれない。 可哀想と言うのは簡単だが、しがみついた本人にも原因が無いわけではない。

国内でモノづくりをするより、人件費の低い海外で競争力を高めたサムスンなどは、かつての松下産業の勢いである。 いいモノづくりをしたいなら、いい人づくりが原則である。 この大切な”人”を道具にした結果がこの有様である。

失敗した経営者は中小企業とは違い、「自殺」に追い込まれることはないだろう。 ただ、記者会見で頭を下げるだけ。 私はこういった人間を”米搗きバッタ”という。 ”バッタ”は大群で米などの穀物を全部たいらげるわけだから、今の日本企業のトップは見習うべきである。

建築、不動産業の経営者と向き合っていると、「先生、どこかにいい社員いませんか?」という相談が多い。 失業率も高止まりし、求職者があふれているのに、なぜか”人材難”なのだ。

「いい社員」が欲しいのなら、まずは「いい会社」をつくり「いい経営」をすることである。そうすれば「いい社員」は自ずと集まるのだ。 あなたの会社にいる社員が「”いい人材”がいるんですけど面接していただけませんか?」と、勝手に連れてくるわけである。

「いい社員」を必要とすなら、まずあなたが「いい社長」になるしかないのである。

sakura

平成24年4月24日

桜舞う公園にて

関連記事

最新情報

ページ上部へ戻る