財務改善

「法人」という法律を順守する会社に集う、経営者、社員、取引先は個々に違う目的を持っている人間の集合体です。

経営のうまくいかない会社のトップは必ずといっていいほど「自己満足」経営です。しかし、私は声を大にして言いたい。

「顧客の満足なくして、会社の繁栄はない。」
「会社の隆盛なくして、社員の幸せはない。」

財務とは、過去の経験を生かして、未来の経営に役立てる「礎」です。経営の良し悪しは「決算書」以外では語れません。 何人もこの「決算書」という「通知表」を見て、経営の指針にしなければいけないのです。

銀行に融資をお願いしなければ経営存続ができない経営から、剰余金という企業の保持する資産経営こそが我々の目的です。 「営業」「商品開発」「施工・現場」もこの「決算書」に準拠して行われなければいけない。

この心臓の部分を地元の会計事務所にアウトしているだけの経営者がいかに多いことか?

地元の会計事務所の”先生”方は、そのエリアの税務署から、高額納税の企業が多いと”表彰”されるという噂もあります。 悪い言い方をすれば、納税額をアップするために、税務署と癒着しているような先生方が多い事実をご存知ですか?

逆に、赤字経営や債務超過に陥った会社では、貸しはがしに合い、運転資金さえ調達できず、倒産という蟻地獄が待っているのです。

エスイーエーでは、株式会社ソーキューブの中村学先生をメインコンサルタントに迎え、支払う必要のない税金は内部留保に置き換え、体力を増強した今の不況型財務支援を導入しています。

決算書というと、単なる紙切れに書かれた数字と思っていませんか。この数字と真剣に向き合う経営指導こそがコンサルタントメニューの最後のプロセスです。

例えば、あなたに銀行の融資部長になっていただき、あなたの会社の融資に応じるにはどんな数字が必要なのかを、バランスシートを通して体験・理解してもらうプログラムもあります。 経理を担当している社員には、会計事務所のスキルを教育します。

過去の経営を省みて明確な目標を達成するためには、社内をモジュール化して、どの部門が貢献度を上げているのか? どの部門が経営の足かせになっているのかを徹底的に洗い出して「見える化」しなければなりません。

未来の数字を達成する、会社の心臓部の強化こそが、エスイーエーの最後のコンサルティングメニューになっています。

財務改善に関するお問い合わせ、お申込みはお気軽にどうぞ!

lecture_contact

最新情報

ページ上部へ戻る