ブログ

電力買い取りに関わる今後の予定について

2015-01-21_103328

平成26年10月8日には、たくさんの方々にオペラシティへのご来場をいただき誠にありがとうございました。

次回は、来る10月29日、大阪において開催予定です。セミナー当日、吉川CEOよりプレス発表に伴い、また
大手ハウスメーカーと早い段階で同等に戦えるように、PPSのスケジュールを前倒しして「電力買い取り」に踏み切るという通告を勅命でいただきました。よって、全体像をイメージでお伝えしますのでご認識ください。

現在、PPS参画企業は350社以上の申請がありました。
ここで、経済産業省より発電力を伴わない企業に関しては、登録制から許認可制へと条件提示をして申請取り下げの処理をいたします。
そうしますと、日本一位の発電力を誇るウエストHDを含む10社程度が新電力会社への次のステップへ行けるわけです。

PPS電力自由化を対象にした企業には、買った電力分のみを第三者に販売できるという仕組みになっております。よって、今後ウエスト電力は国内に設置した皆様方の10Kw以上50Kw未満の低圧発電所(住宅を含む)からの電力買い取り業務を11月1日より取り組んでまいります。

皆様方が、大手PPS(エナリス等)と連携しましても、皆様には何の恩恵もありません。また、PPSは1年ごとに「お好きな電力会社を選べる」という自由化解放の扉です。今回は、ステップを踏みながらウエスト電力の戦略を紹介します。ウエスト電力が買い上げる電力は大手電力卸JEPXなどに売られます。

【今後のステップ】

① 11月1日以降から10Kw以上50Kw未満の設置者に現在のFIT価格
(2012年42円+税、2013年36円+税、今年2014年は32円+税)より
1円/kWh高く買い上げます。という、詳細なカタログ(ウエスト制作中)をお見せしてご納得のいただけた顧客から同意書をもらう業務を開始します。

② 開始時期は、2015年2月以降予定です。

③ 後日、ウエスト電力取次店の証、チラシ掲載用「ウエスト電力取次店」ロゴ、申請書類一式、取次店規約(取次手数料)などをご案内申し上げます。

④ ②の業務では、電力を1円以上高く買い上げるという大手ハウスメーカーに負けない戦略ですが、
2016年4月よりPPS一斉稼働時期に入ると同時に、通信セットプラン、ポイント制度、JAL、ANA、楽天、などなどの付加サービスがセットになった本格的PPSへの道のりを歩く予定です。

⑤ 私自身、一般中小ビルダーがこの電力自由化PPSの波に乗り、顧客の満足と売上拡大路線を
「みなさんと一緒に成し遂げましょう。」と、言ってくれた人は、ウエストHD 吉川会長以外には存在しません。

 

何もしないまま、“遠見の見物”で終わるか?このPPSハリケーンの動く渦のど真ん中という“無風の軸”に会社を置き、最新情報をキャッチして舳先を常に大漁路線に向かうかは皆様自身の決断です。

もしあなたが実践しなくても、必ず成し遂げる人間が出現します。このPPSは世界で波及しています。
日本の事例は、ウエストHD吉川会長の後を皆様方が一緒に歩いて下されば、必ず獣道(けものみち)も大きな道路になることと確信しております。

国内初事例ということで、情報が錯乱することも多々あるかとは存じますが、一歩一歩前進して参りたいと考えております。心の準備を整えてください。

最新情報

ページ上部へ戻る