ブログ

10月前半週報 勝とう塾長からのメッセージ

image1

 

北海道電力が16日電気料金を17%値上げすると発表した。今後も再生エネルギーを“買い取り続ける ための措置として“という前提で、経営赤字、再生エネの北海道民の負担額を下げるには、致し方ないということである。この“17%値上げは”全国に波及する可能性があると記者は書いている。

17%を吸収するには“プラス2Kw”搭載すれば大丈夫である。そして、この値上げが国民の電力会社への 大きな不安、不信を仰いだ。旧電力から新電力へ移行するための「小渕経産省大臣劇場」である。 その痛手が、政治資金から始まり辞任である。次の経産省の大臣は誰もしたくないみたいである。

image2

続いての記事は、現在申請されたPPS事業に対して、

① “十分な電力の供給能力のない企業は認めない。”これによって、現在350社以上の申請を許認可制に変えて、10社程度になると“営業トーク”をしてください。

② すべての契約行為は書面でするという義務付けになった。

image3

続いて、セキスイハウスでは、太陽光から直接電力をプリウスなどのハイブリッド車に蓄電して住宅に戻してもダブル発電扱いにならない住宅を同日発表した。さらに同日、トヨタ自動車は、水素と蓄電池搭載車
“ミライ”を700万円で発売開始と発表した。補助金を200万円差し引くと500万円で手に入る。

image4

九州電力、四国電力、北海道電力、東北電力がザワザワし始めて「あきらめるビルダー」が増大している。
縁結びのヤマト住建の西津社長は、中国電力、東京電力管内に出店を増大している。大手ハウスメーカーは、中国、関西、北陸、中部、東北電力管内の出店と、社員移動を始めている。嘆いている暇もないのである。

連系可能エリアで戦えばいいだけのことである。ブローカー案件増大という、連系をする気もない業者が提出した案件を日に日に潰している。12月末には大体のザワザワは落ち着くらしい。九州、四国の余剰電力は、中国、関西が受け入れ、北海道、東北の余剰は東京、中部が受け入れ最終的には西日本電力と東日本電力に合併されて終了するというシナリオを言うコンサルもいる。メガバンクは12行が3行になった。

image

この記事は、今朝10月19日の朝日新聞である。すでに大手ハウスメーカー国内から海外に活路を見だしている。
私は、5月29日にウエストHD 吉川会長と約束した。このスキームは2015年のFIT最終年には、全力買い取り価格が28円税別になる。その時に、ビルダーがキロワットあたり28万円で売ることができたら、利回りは10%で回る家が提案できる。しかし、28円になった場合、倒産するビルダーも相次ぐはずである。
問屋を介さない流通ということは、上場企業にはかなりのリスクである。そこで、フィナンシャルに高手を挙げてくださったウエストプレミアムソーラーローンが完成したのである。

今回の、“一時保留”騒動を顧みて、吉川会長は「起こるべくして起こった禊」である。と言う。
国内の電力会社は、赤字を抱えたままの状態で新電力会社PPSを再編して社員を移管し始めている。
日本の法律で、施行後に停止された案件はほとんどない。そんなことが簡単にできたら、他国の信用さえもなくなる。最近、20年固定買い取り制度がなくなるのではと、既存設置者にまで及ぶような話になっているので言っておきました。

2018年から整備される「発送電分離」とは、
① 「発」電気を発電する人
② 「送」電気を送る人
③ 「電」電気を売る人
という、区分が完成してこの既存電力会社は国によって、解体される。
この③の電気を売る人が、皆様である。

image5

また、同日付の経済新聞には、JX日鋼日石(エネオス)がPPS参入を発表した。現在のエネット、エナリス、大阪ガス、東日本ガスと同様に3年連続国内太陽光発電力1位を誇るウエストHDも参画した。

この大きな塊と取引するには上場が条件である。他社に皆様方が連系を申し出ても「代理店手数料」など
発生しない。10kwから50kwの連係は、皆様にとって「永久にお金が入り続ける蛇口」の設置である。

image6

いよいよ、この大騒動の電力問題の真最中に、我々は
「売電ビジネス」のみを止めて、「新電力PPS」に移管するという“第2ステップ”突入を本日宣言します!!

以下は、チラシイメージです。今がチャンスです。石橋を叩きすぎて渡れない人。汽車が出てから駅へ行く人。は、このあたりでいいですよ。生涯を安心して暮らして行くと決めた方々は、
2014年11月1日を見据えたチラシタイトル!緊急採用してください。

“10kw以上50kw未満の太陽光発電システムを搭載の電力事業者様。
ウエスト電力がFIT価格より1円以上高く買い上げます。
現在家を造りたいとお考えのお客様。“お施主さま”だけの家づくりでいいのですか?“電力事業者”になれる家づくりこそが「安全の家づくり」です。現在のFIT買い取り期間は20年間です。ウエスト電力は20年以上の買い取りが可能です。

12月31日までに新電力PPS買い取り住宅を申し込みしましょう。
現在のFIT価格は32円の税別で34.56円です。これを●●ハウスでは、さらに1円高く35.64円でウエスト電力に買っていただけます。

来年は、FIT価格がさらに値下がりします。賢い奥様“お急ぎください!”。11月1日より申し込みを受け付けさせていただきます。

●●ホーム 問い合わせ窓口  (123)456-7890 担当 ウエスト金持 まで

ありがとうございました。2014年10月19日 筆

ページ上部へ戻る