ブログ

【9月セミナーin東京八重洲】災害時でも停電しない、自給率100%の家「Smart2020」セミナー

電気を買わない、停電しない、自給自足の暮らしができる家
災害時でも停電しない、自給率100%の家「Smart2020」セミナー!

台風15号の被害の爪痕は、日を増すごとに増幅している。2020年4月、電力会社の送電網は国の管理下におかれ電力自由化は正式に号砲を打たれる。既存電力会社も新電力会社も同じ条件で、現在は電気料金に含まれている「託送料金」を支払って電気の融通が行われる。今回電信柱ごと根こそぎ倒壊した後の復旧費はいったい誰が負担することになるのか?おそらく東京電力はこの託送料金に復旧費用を上乗せ(電気料金の値上げ)して徴収する方法を選択するはずである。スマホの通信基地も停電がこれだけ長引くことで、通信機能が役立たない弱さが露呈した。被災状況の事実さえ伝えられない有線電話と同等の通信技術は5Gの普及に大きな課題を残した。

3匹の子豚が住むレンガの家くらい頑丈な家を求める人は今後増えるに違いない。しかし、最も大事な家の価値とは、「電気を買わない。停電しない。自給自足の暮らし」ができるオフ・グリッド(送電線をつながない家)住宅である。今回の被害を鑑みて重要視すべきは「オフ・グリッド」住宅という防災性能の高い技術を提供できる技術と見地である。我々が推奨する「Smart2020」を是非、あなたの街で供給していただきたい。

セミナー企画・主催:エスイーエー(株) 共催:ネクストエナジー・アンド・リソース(株)、(株)ジャックス、(株)ノースビルドジャパン、(株)エクセルシャノン、千博産業(株)、(株)GIR

【9月セミナーin東京の見どころ・聴きどころ・確かめどころ】

<第1テーマ> 2020年4月からの発送電分離で何が変わる?電力は金融商品になる日が来る

● すべてのハウスメーカーが 新電力会社を所有・提携している理由を知っていますか?
● 3.11以降、深夜電力料金は倍以上!なのにまだ深夜に湯増しをススメている一般工務店
● 売電だけをススメる工務店。自給自足できる暮らしをススメるハウスメーカー!何が違うのか?
● VPP(バーチャルパワープラント)を知らない工務店には未来はない!VPPに接続できる商品(家)とは?

<第2テーマ> 4人家族が毎月400kwhの電力を自家消費しても貯金(売電収入)ができる家

● 屋根に太陽光設備を10kW以上設置するハウスメーカーの真の意味を分かっていますか?
● 200V設備対応・大型蓄電池だから自給自足の暮らしができる! 停電しても気がつかない家!
● 価格より価値が優先。買う意味と理由があるから「初回契約」ができる
● 地震、災害から家族を守る防災性能とは?制震ダンパー・蓄電池・感震ブレーカー・防災かまど・地域貢献EES住宅

<第3テーマ>20年間で830万円!電気料金が上がれば上がるほど経済効果がアップする家

● 高騰する電気料金が住宅ローンを圧迫している。あなたは35年間で930万円もの光熱費を支払い続ける家を売っていませんか
● ZEHは買う電気を少なくする家、「Smart2020」は電気を買わない家!大容量の太陽光パネル(10.98kW)と蓄電池(9.8kWh)が自給自足を可能にする
● エネルギー設備は実質初期投資0円。工務店の仕入れ金額も0円設置が当たり前!?


■開催日: 2019年9月25日(水)
■開催時間: 13:00~16:30 (受付は12:30より開始いたします)
■場所: 東京八重洲ホール302会議室 東京都中央区日本橋3-4-13( 東京駅八重洲中央口徒歩4分)
■定員: 20名

■会費: BMP会員様:無料 一般:3.000円(税込)※セミナー開催日までに無料登録されれば参加費は無料です。

※申込締め切り:9月23日(月)

貴社名*
ご担当者名*
参加人数*
ご住所*
電話番号*
FAX番号*
メールアドレス*
当日連絡先*
連絡事項など

最新情報

ページ上部へ戻る