ブログ

PPS第二位のエナリス、最終赤字21億円に 14年12月期

ウエストホールディングスが好調な決算内容に対して
日本第2位のPPSのエナリスが赤字転落した。

ウエストは現在、2016年からスタートする全面自由化に向け
ガス、通信、カード決済を始めとする複合サービスの模索を始めている。
今回のエナリスの赤字転落がウエストに好機を与えている。

***

以下、本日の日経の記事を送ります。ご一読下さい。

「エナリス、最終赤字21億円に 14年12月期」

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLZO8087039013122014TJ1000

 節電支援のエナリスは12日、2014年12月期の連結最終損益が
21億円の赤字になりそうだと発表した。
従来予想は12億円の黒字。
売上高予想も349億円と85億円引き下げた。
太陽光発電設備部材などの売り上げを取り消した。
買収先ののれん代も減損処理した。
13年12月期の利益も訂正して引き下げた。

会計処理に疑義が生じたことを理由に第3四半期報告書の提出が遅れていた。

最新情報

ページ上部へ戻る