ブログ

  1. NEC、大型蓄電池を低価格で 電力会社向け供給拡大

    九電ショックが新たなるビジネスチャンスを創生している。蓄電池をダブル発電扱いならないようにするためにはコンピューター制御で管理できるシス テムが必須である。この記事にあるように蓄電池はキロあたり10万円を切る価格が絶対条件であると吉川会長は先日熱く語った。

  2. エネルギー関連に1500億円超 経産省、追加経済対策

    12月23日の日経新聞の記事 「エネルギー関連に1500億円超 経産省、追加経済対策で」 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF22H22_S4A221C1PP8000/ご一読下さい。いよいよ、太陽光+大型蓄電池の流れがやってきます。

  3. 【必見!】FIT価格32円、1月30日(金)までに認定申請すべし!

    12月19日(金)に、経済産業省 自然エネルギー庁から発表された 「平成26年度の固定価格買取制度に係る設備認定及び設備認定の運用見直しについて」のPDF書類を送ります。

  4. 2016年電力全面自由化に向けた住宅販売法

    2016年4月1日「電力全面自由化」という号砲に向けた住宅販売を脳に記憶させた住宅販売法(1)2014年12月21日①メディアが書いている、FIT全量買い取り制度は、2016年3月31日をもって、“崩壊する”のではなく“終了する”。

  5. 太陽光発電に遠隔出力制御システムの導入義務など FIT制度見直し案が公表

    12月18日付けの環境ビジネスオンライン の記事 「太陽光発電に遠隔出力制御システムの導入義務など FIT制度見直し案が公表」 をお送りします。ご一読お願いいたします。

  6. 「太陽光発電受け入れ超過試算」など新聞記事3本

    12月17日 中国新聞の記事 「再生エネルギー拡大ネック」12月17日 朝日新聞の記事 「太陽光の受け入れ可能量 電力6社設備容量下回る」 「日立送電事業に本腰」の記事を送ります。ご一読願います。

  7. 読売新聞 12/13夕刊「再生エネ優先で火力減」

    12月13日読売新聞夕刊「再生可能エネルギー優先で火力発電所稼動大幅減」の記事を画像で添付いたします。 少々読みづらいところがございますが 急ぎ皆様にお伝えしたい内容でしたのでご了承下さい。

  8. PPS第二位のエナリス、最終赤字21億円に 14年12月期

    ウエストホールディングスが好調な決算内容に対して 日本第2位のPPSのエナリスが赤字転落した。ウエストは現在、2016年からスタートする全面自由化に向け ガス、通信、カード決済を始めとする複合サービスの模索を始めている。 今回のエナリスの赤字転落がウエストに好機を与えている。

  9. 「ソーラーバブル崩壊」週間東洋経済12.13号

    週間東洋経済12月13日号に掲載された 「ソーラーバブル崩壊」の記事を送ります。 ご一読お願いいたします。20141213touyoukeizai制度見直しを語る内容が羅列されている。 ゆっくりと熟読してFIT制度をしっかりと顧客に伝えて不安を払拭できる言い 回しを対局して欲しい。

  10. 「ソーラーランド」特許庁より正式商標登録完了

    特許庁に商標登録出願しておりました「ソーラーランド」という商標が 11月21日を持って認定され、商標登録証が本日送付されました。大手太陽光発電所の建設を販売している会社は 「ソーラーパーク」などのイメージ商標で販売を加速しています。

  11. 新聞社へ送付するニュースリリース雛形原稿

    加藤塾長が新聞社を釣ったニュースリリースを添付します。 ①    貴社名にしてFAXを送る。代表者名の下に、プレス担当者も入れる②    記者から問い合わせがあったらプレス担当者が細かく内容を説明③    社長と話をしたいと記者が言うのでこの後大風呂敷で語りまくる。

  12. スマイルハウス(長野)PPS旗上げ

    11月に入り、毎日 のように長野県のどこかJAや公民館などを 借りて、 地域に根ざした低圧発電所を設置すべく地主向けセミナーを積極的に実施している、 スマイルハウスの山 田武雄社長が地元有力紙「信濃毎日新聞」の取材を受けた。プレスは1回きりである が、1番乗りしか掲載 してもらえない。

  13. 大阪ガス「号砲が鳴ったら走り出す」、家庭向け電力小売参入

    大ガス、顧客1割の70万世帯に電力社長表明 火力を最大6カ所新設、NTT・東電と提携も 尾崎氏は「(関西では)ガスで700万世帯の顧客を抱え る。(完全自由化の)号砲が鳴ったら走り出す」と、家庭向けの電気販売に積極姿勢を示した。

  14. 送電線使用の割引検討 家庭向け販売参入促進

    電力自由化における2016年に向け、 発送電分離の整備も前倒しで着々と進んでいる。 経済産業省から新しい情報がどんどん流れてきますが、 営業トークとして、新しい正確な知識を得て、顧客に正しい情報を お伝えしてください。

  15. ウエスト電力買取実績第一号 愛媛県松山市 滝口社長

    愛媛不動産情報ナビ 愛媛住販 滝口社長が 「週間愛媛経済レポート」で電力買取に関して取材を受けた 掲載記事をお送りします。

ページ上部へ戻る